FC2ブログ

Tのブログ

つれづれなる日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終電がなくなったので

今日、仕事をしていたら終電がなくなってしまったのでどうしようか思案していたら、一つ試してみたいことが出てきた。

果たして勝どきから東中野まで歩いて帰ったらどれくらいかかるのだろうか。

勝どきというのは簡単に言うと築地のとなりでより海側のほう。

腰が引けるほど遠いけど、まあ死にはしないだろうからとりあえず歩いてみて途中で無理そうになったらタクシーに乗って帰ろうという心づもりで出発。

まずは銀座まで大体30分くらいで到達。まだまだ余裕がある。

さらに突き進み、桜田門付近。信号が青で歩行者がいるかもしれないのにノンストップで左折してくるタクシーに憤慨しながらも、やっぱりひかれたくないので迂回して麹町へ。ここまでで大体1時間くらい。

その後四ッ谷、四ッ谷三丁目とタクシー乗っても3,000円くらいだから乗っちまうかなという誘惑にかられながらも気合いで新宿まで歩く。

そこまで歩いた自分にご褒美としてハーゲンダッツを購入し、熱くなってきた体を鎮めつつ小滝橋通り、大久保通りをすすんで、もうまもなく自宅に到着。

賞味大体2時間半くらい。3時間くらいかなと思っていたのでちょっと早かったくらい。

いつもなら歩いて帰るなんてまずやらないけど、やってみると案外歩けるもんだなあと。

普段、出来ないとか難しいとか大変そうだと思って尻込みしているようなことも、やってみると意外にいつのまにかできたりするんじゃないかなと心を改めた次第です
スポンサーサイト

コメント

Try new things!

こんにちは、minoです。ご無沙汰しております。
アフリカの記事あたりからちょこちょこ拝見しております☆
小学校のインターンに行っていて(カウンセラーとして)いろいろな経験をしているのですが、子どもたちが読んでいた寓話の教訓がTry new things!であることが多く、そうして意識的に寓話にされるくらい、Try new thingsって自然にはできないものなんだなぁと感じています。そう考えてみると、赤ちゃんの成長は(それまでに慣れていたことではなく)新しいものへの挑戦の連続なので、乳児期の成長の目覚しさってうなづけるなぁと一人納得してしまったのでした…。いつもと違うこと、私もやってみようと心がけたいと思います。
ご無事でおうちに着いたようで何よりです!

  • 2008/03/01(土) 23:53:30 |
  • URL |
  • mino #mQop/nM.
  • [ 編集]

ありがとう!

コメントありがとう!
アメリカからコメントをもらうなんて驚いたね~。
ネットの力はやっぱりすごい。

子供はTry&Errorの繰り返しだね、まさに。
そしていろいろなことを学んでいき、経験を積んでいく。

でも大人になるにしたがいErrorをしないように洗脳されて、成長が遅くなってしまう。日本だけかもしれないけどね。


どこかで「失敗した数だけ大きな成功ができる」という文章を読んだことがあるけれど、これは真理だと思ってます。

俺について言えば、問題なのは、頭ではわかっていても感情ではやっぱり失敗は嫌だ、という部分をどう乗り越えるかだね~。
もし何かいい克服方法があれば是非教えて!

  • 2008/03/02(日) 02:01:34 |
  • URL |
  • クマ #-
  • [ 編集]

自律

表裏一体ですよね。失敗した分だけ成功するということは真理にもなり得ますが、失敗しただけでそれ自体が大きな成功へと導いてくれるわけではなくて、失敗を糧にあがいてがんばって初めて成功が手に入るわけで、やっぱり失敗は成功の「素」なんだと思います。

乳幼児期はものすごいtry&errorの連続ですが、でもそれができるのは周りに安全を守る大人がいてこそ。でなかったら、子どもは死んでしまいます。失敗を恐れずに窓から飛び降りたり、ためしに台所の洗剤を飲んだり、子どものtryにはそういうキケンを省みない部分が多く含まれると思うので。でも大人のtryは、ある程度自分で安全を確保しつつ、見極めつつ行わないといけないので、子どものそれと純粋に比べることはできない気がします。
でも、大人のチャレンジのときも、安全を確保してくれる何か、保証があるときにはtryしやすいですよね。失敗しても、死ぬことはない、くらいのつもりで私はいることが多いです。あとは、失敗はいやだなっていう感情がどんな気持ち、思考に根ざしているのか、自分の心の中をじっくり体験してみることもひとつかと思います。人によって、失敗したくない理由って違うと思いますし、どうして失敗したくないのか、何が恐いのか、何がいやなのか、それにたどり着いたら、どうしてそれが恐いのか、どうしてそれがいやなのか、そういうことまで見てみると自己探求の一部分として興味深いかなぁと思っています。クマさんの業務に必須のことかどうかはわかりませんが、そうした自己探求は私の業界では必須で、もう自分の心との対話の連続です…(笑)でもそれによって自分のことが少しずつわかってくると、社会においての自分の見え方にも目を配れるようになり、それは人様と関わる仕事の場合はどんな仕事にでも役に立つことかなぁと感じています。

  • 2008/03/03(月) 02:46:41 |
  • URL |
  • mino #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soneda.blog46.fc2.com/tb.php/109-f3e4917c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。